月次支援金申請代行

申請代行を行いました

個人事業主様の月次支援金の申請代行を行いました。
その方は、一時支援金の申請代行を引き受けていたため、一時支援金の申請内容は十分把握しており、概ね以下の手順で今回は申請をしました。

1)申請用のサイト(マイーページ)に入り、月次支援金の対象月を選択
2)国より月次支援金申請IDが発行
3)お客様から一時支援金申請時の申請内容に変更有無を確認
4)月次支援金としての宣誓同意書を署名頂く
5)対象月の売上台帳を準備(今回は依頼されたので当方で作成)
6)対象月及び2019年と2020年の同月での取引先情報の連絡を頂く
7)申請用のサイト(マイーページ)に入り、必要箇所入力及び書類を添付
8)申請

取引情報入力は難しい?

今回、一時支援金と大きく違う箇所は、6)に関する入力欄かと思います。
一時支援金での多くの方が「取引先情報一覧」の書面不備でお困りなっており、実際当事務所でも沢山のお困りの方のサポートをさせて頂きました。
この月次支援金では、サイト画面に直接入力する形に代わったこと以上に、X,Y,Zの8区分から自身の取引内容を選択し、かつその区分に応じた取引先情報を入力することを求めていることが特徴になっております。
おそらくここの入力に関しては、多くの方が戸惑い、更には適切な入力ができないのではないかと危惧しております。

経験豊富な実績のある専門家へ

当事務所は、個人事業主、法人、更に特例申請を含めた多様なタイプでの一時支援金の申請代行をした実績があります。
不備になって戻ってきた時、相談先がないと不安になるかと思います。
一時支援金の受給実績がない方だけではなく、一時支援金申請でもご苦労された方等は是非とも当事務所の申請代行をご利用してください。
お財布に優しい、リーズナブルな料金設定にしております。よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です